So-net無料ブログ作成

第81回日本音楽コンクール〜一進一退自分との闘いの中で [ピアノ]

IMG_0051.jpg
東京のトッパンホールで9月1日から始まった
第81回日本音楽コンクールピアノ部門第1次予選が4日間に亘って開催され
191名の参加者の中45名が通過[グッド(上向き矢印)]

ベートーヴェンソナタ テンペスト1楽章を演奏した愛弟子マルチは
美しい多彩な音色と細やかな表現力を発揮し2次予選6〜8日に進みました[るんるん]

[るんるん]2次予選プログラムは17〜20分で纏めます
2日目 朝第1グループで演奏したマルチ

♪バッハ 平均律1巻22番
多声部の動きを美しく描き出し立体的で大変素晴らしい演奏
♪ショパン エチュード op.10−2
所々テンポや粒だちが鈍くなったのが残念
♪ラヴェル 水の精
水の精の物語を余すところなく表現
わずかにテンポが速くなったのが惜しい
♪ラフマニノフ 音の絵op.39-6
フランスものラヴェルのピアニズムとは違う
ロシア音楽へと移り変わる作風や音色の変化も出て
「赤ずきんちゃんと狼」というタイトル通り
忍び寄る狼と逃げ惑う赤ずきんちゃんの様子が表現されていました

ただ2次予選ではすべての楽曲で減点のない
パーフェクトの演奏を果たせなければ3次予選9名には残れないので 
一昨日の結果発表では惜しくも選出されませんでした[バッド(下向き矢印)]

昨年のチャレンジでは2次予選がパーフェクトの素晴らしい演奏で通過[グッド(上向き矢印)]
3次予選モーツァルトでミスタッチが悔やまれましたが
この度は2次予選曲がすべて新曲であと一息届きませんでした・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

すべてをパーフェクトにするため 
これまでに仕上げて手慣れたレパートリーをプログラミングしていくべきか
若いのだから自分の音楽を広げることを最優先に
新しい曲で積極的にチャレンジするべきか 
指導者としては悩ましいところですが
マルチの演奏を聴きながら 
確実に一段一段音楽が深く大きくなっていることを喜びに感じたと同時に
今は一進一退を繰り返しているようでも その成長の過程の中で 
すべてが実り 花開くときが必ず来ることを信じて 
一意専心 寂然不動の精神で 
人の心に語りかけるピアニズムを磨いてほしいと心から願いました[ぴかぴか(新しい)]


IMG_0054.jpg
弾き終えてうまくコントロールできなかったマルチは放心状態
珍しく食欲もないようでしたが[ふらふら]
美味しいイタリアン レスト・レストでランチ[レストラン]

IMG_0056.jpg
アールグレーのブリュレをいただきました[わーい(嬉しい顔)]
長期間緊張と集中の張りつめた状態で 自分と闘ってきたのだから
そんな時もあっていい・・頑張った夏もやっと終わるね・・と思いながら
しょんぼりマルチを にっこり見つめていました^^♬




nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0